東村山市、東大和市、清瀬市、武蔵村山市、東久留米市、小平市、西東京市、新座市、所沢市、朝霞市の交通事故・後遺障害の相談・示談ならお任せ!

東村山交通事故解決相談所

〒189-0013 東京都東村山市栄町2丁目24番地41 
グランデール久米川Part1−201

受付時間:10:00~17:00
定休日:土日祝日
(営業時間外・土日祝日のご対応は1週間前までにご予約下さい。)

ご相談について

お気軽にお問合せください

事故でケガをしたら、仕事や学校は?

 交通事故にあってしまって,身体がつらい。または,入院を余儀なくされてしまった…。こういうとき,誰しも「仕事(学校)をどうしよう」と心配になるでしょう。

 そこで,ご相談にみえられる方の中には,
相手が給料を補償してくれるなら,仕事を休むんだけど…。
と言われる方もおられます。

 しかし,法律の考え方は,逆であることに注意してください。
やむを得ず休んだ,といえる場合に,休んだ部分について,相手方が給料分を賠償する責任を負う」のです。

 典型的な例は入院した場合であって,この場合には通常,仕事はやむを得ず休んだといえるでしょう。

 争いになりやすいのが,通院の場合です。現実に休業して収入が減った場合であっても,「やむを得ず休んだ」といえるかどうかは,ケガの部位・程度,職務の内容,勤務形態,休業の内容・期間,など諸般の事情を総合的に判断して決まるからです。

 そういうわけで結局,仕事については「無理をせず,できる範囲で勤務して下さい」ということになります。また,通院についても,「必要な範囲で,必要なだけ通院して下さい」ということになります。

 煮え切らない結論ですが,仕事を休んだらとたんに収入がなくなってしまう一方,相手方からその部分の賠償を受け取れるという保障はなにもないことから,「できる限り損害を小さくする」ということが,被害者の側からしても,長い目で見れば重要になるのです。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-306-4324

受付時間:10:00~17:00
定休日:土日祝日
(営業時間外・土日祝日は1週間前までのご予約で対応いたします)

お問合せはこちら

お問合せはこちら

042-306-4324

042-306-4328

メールでのお問合せはお気軽にご連絡ください。

お問合せフォーム

ごあいさつ

弁 護 士 小村仁俊
弁 護 士 小倉匡洋
司法書士 山田巨樹

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表者ご挨拶

>